明石公園のアオバズク

今朝は、朝4時に起きて明石公園の夏の主「アオバズク」に会いに行ってきました。

まだ薄暗い森の中・・・写真の真ん中あたりの黒い塊がアオバズクのお母さんです。

20150706

 

アオバズクは、フクロウの仲間で、毎年青葉の頃(4月下旬〜5月初旬)に東南アジアから明石公園にやってくる夏鳥です。例年は、ペアでやってきて子育てをするのですが、今年はメスの姿しか見られないまま今日に至っています。アオバズクお母さんは、5月初めに一人で2個の卵を産みました。

20150706-2

地域の皆さんが巣箱にカメラを設置して、そっと見守っておられましたが、結局孵ることなく昨日、卵を温めるのをやめてしまいました。そのため、私も卵の映像を見せていただくことができました。残念です。「気をつけて南の国に帰って、来年は必ずペアできてね」とお母さんアオバズクに心からのエールを贈りました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。