Monthly Archives: 10月 2015

近畿市民派議員交流・学習会in泉大津

近畿圏の市民派議員が集まり、学び合い情報交換する学習会に参加してきました。

なんと出席者の半分以上が女性議員・・・

12182386_822830074482410_348527072_n

先輩議員が積み重ねてこられた学習会、今回で第97回目とのこと・・・

DSC_3082

午前中は、前尼崎市女性センター所長で現尼崎市議の須田和さんから「女性活躍推進法と男女共同参画施策」について尼崎の事例を交えてお話をお聞きしました。まずは、男女共同参画条例がなぜできたのか、その過程を知ることが大事だと教えていただきました。明石も先日「女性活躍推進ネットワーク」発足に向けた座談会があり、あかし男女共同参画プラン(きらめきプラン21)の見直しもしなければなりません。今月末に出る予定の国のガイドラインに注目したいです。

午後からは、自治体PPS(泉佐野市の事例)と大阪市の地域包括ケアの現状と課題についてお聞きしました。明石でだったら、どうのように運用できるか、頭の中をいろんなプランがぐるぐる巡ります。

12046845_920857954672762_2816004347136621695_n

南海電車・泉大津駅の改札口を入ったところには、AED搭載自動販売機がありました。これなら、24時間使うことも可能ですよね。明石でもコンビニや自動販売機に設置すると24時間使える・・・新たなヒントをもらいました。

 

 

 

久しぶりの再会・子どもにやさしいまちづくり条例

シチズンシップ共育企画の川中大輔さんと久しぶりの再会・・・

DSC02415

奈良市子どもにやさしいまちづくり条例  制定に向けての検討に際して、子どもたちの意見や思いを取り入れるために開催された「未来をひらく子どもワークショップ」のファシリテーターを担当されたお話に釘付けになりました。公募で集まった奈良市内在住の10歳から17歳の16名の子どもたちとサポーターとして奈良市内に在住又は在学している10名の大学生等(※サポーターは、ワークショップ運営補助等を効果的に行うための必要な知識や技量を身につける養成講座を受講)参加してのワークショップで出た意見、大人顔負けです。この報告書何度も読み返してしまいました。

子どもワークショップ報告書はこちらから→子どもワークショプ報告書

明石市もフィーチャー・セッションしながら、子どもと大人が共に語り合って実際に使える条例ができるといいなと思うこの頃です。

保育所&保育園の運動会

涼やかな風の吹く中、明石市立江井島保育所とえいの里保育園の運動会がそれぞれ開催されました。

DSC02345 DSC02348

どちらも昨年度まで自然あそびの講師として伺っていましたので、😊も名前も知っている子どもたちのがんばりをぜ〜んぶ観せていただきたかったのですが、同日・同時刻の開催だったので半分ずつの観戦。ちょっと残念でした。

0歳児から5歳児まで、それぞれの発達段階に応じた楽しいプログラム・・・忍者になったり、ミッキーになっておどったり・・・印象的だったのは、5歳児が小さい子たちのお世話や応援を一生懸命していたことです。0歳から5歳までの縦のつながりも大切にされての保育・・・見ているこちらのほうも心がほっこりあたたかくなりました。

お父さん、お母さんは、おじいちゃん、おばあちゃんがたくさん来られていました。えいの里保育園は門池公園で広々した感じでしたが、江井島保育所は園庭が狭くてゆっくり座って観戦というわけにいかず来賓席で座らせていただいているのが申し訳ない気持ちになりました。これだけ多くのそれも多年代の園児がいるのですから、もう少しひろい園庭で走りまわったり、自然を感じたりさせてあげたいなぁ〜と思いました。

明石市総合教育会議を傍聴

今日は、午後から江井島小学校コミセンでの  ♪うたごえ江井島喫茶♪

DSC02335

丹田式の呼吸法を教えてもらって、身体の内側からリフレッシュ・・・

DSC02336DSC02342

みんなで秋にちなんだ童謡から、リクエストのあったなつかしい歌謡曲まで、歌にまつわる青春時代のちょっぴりほろ苦いエピソードも飛び出して、笑顔溢れるあっという間の1時間でした。

後半に歌ったダ・カーポの「野に咲く花のように」は、今の私の心情と重なり涙がこみあげてきました。それに気づいた回りの友人たち・・・「まるちゃん、がんばれ!」と声をかけてくれました。みんな、ありがとう!がんばる元気と勇気で心がいっぱいになりました。

♪ 野に咲く花のように風に吹かれて 野に咲く花のように人を爽やかにして
そんな風にぼく達も いきてゆけたらすばらしい
時には暗い人生も トンネルぬければ夏の海
そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです

♪ 野に咲く花のように雨にうたれて 野に咲く花のように人を和やかにして
そんな風にぼく達も 生きてゆけたらすばらしい
時にはつらい人生も 雨のちくもりで また晴れる
そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです

いつも野に咲く花でありたいと思います。

そして、ずっと野の花でいられるように、自分を磨いていきたいと思えたステキな時間でした。

その後は、市役所議会棟へ・・・ピュワ〜ンとワープするように運んでくれたHちゃんママ、ありがとう!

午後3時30分〜 第2回 明石市総合教育会議を傍聴しました。

平成26年6月13日、第186回国会において、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律」が成立し、①首長による大綱の策定、②総合教育会議の設置、③教育長と教育委員長を一本化した新たな責任者(新教育長)の設置、④教育委員会のチェック機能の強化、⑤国の関与の見直しなどが盛り込まれ、それに伴い、明石市でも総合教育会議が設置されました。

今日はその2回目の会議で、教育大綱の策定について素案が提示されました。

文科省の説明には、「大綱は、地方公共団体の教育、学術及び文化の振興に関する総合的な施策について、その目標や施策の根本となる方針を定めるものであり、詳細な施策について策定することを求めているものではない。」とあります。

私は、教育分野の研究者のはしくれとして、教育は政治的中立性の確保が何より重要で、その時々の首長によって変化してはならないと考えています。だとすれは、今回示された素案は、これでよいのか? 疑問が残ります。会議でも、委員の先生方からそのような意見がいくつか出ていました。大綱を政策部局が作っていることにも違和感を感じました。これで教育の普遍性が保たれるのでしょうか?私もこのような課題意識から調査研究を進めていきたいと思います。

基本目標の『「ふるさと明石」に愛着と誇りを持ち、未来を担う人づくり』は、大事な大事な大綱の柱です。今ある政策を方針にあてはめるのではなく、この柱を実現するためにはどんな方針が必要なのか、しっかり練って子どもたちのためのよりよい大綱をつくりあげてもらいたいと強く思いました。

※ 改正の詳細は、全国知事会HPがわかりやすいです http://www.nga.gr.jp/data/report/report26/150213.html

夜は、明石の環境教育を考える女子会(笑)かなり深い話をしました。益々がんばらねばなりません。

ため池での環境体験学習・水路&海岸調査・自治基本条例市民検証会議

高丘東小学校3年生環境体験学習—ため池に入っての生き物観察をしました。

高丘東小学校では、一年を通して地域のため池を中心に環境学習をしています。

春は、ため池の自然と出会い五感で自然を感じる、9月は、ため池の回りでバッタをとったり、池の回りから魚とりをしたり、自分たちで工夫してため池の生き物に出会いました。

そして、今回は、地域のため池協議会・水利組合の方々のご好意で、農家の方にとって命の水とも言える「ため池の水」を抜いてもらい、子どもたちは直にため池を体感する機会をもらました。この体験は、『ふるさと明石に愛着と誇りを持つ未来の地域の担い手づくり』としての思いを共有してくださる多くの方々のお力をお借りして、8年に亘って毎年継続実施されています。

釜谷池ため池協議会・中の幡水利組合・兵庫水辺ネットワーク・エコウイングあかし・明石のはらくらぶ・PTA・つり愛好クラブ・兵庫県東播磨県民局・加古川流域土地改良事務所・明石市農水産課、環境総務課、水道部とざっと数えても10団体を超えるみなさんのネットワークの上にこのような素晴らしい体験の場が創出されているのです。毎年、明石市水道部がタンクローリーで子どもたちの😊を洗うための水を提供してくれています。今回も泥が目に入った子がいて本当に助かりました。

DSC02192DSC02291

お母さんたちにお手伝いしてもらって、靴が脱げないようにしっかりP縄で縛りました。

DSC02202DSC02229

そして、みんなが見守る中、いよいよ池の中へ・・・ドロドロの中に恐る恐る足を踏み入れたあとは、網で魚をすくったり、目の前を泳ぐ魚やエビをみつけて歓声をあげたり、じゃぶじゃぶ泳いだり、思い思いに身体いっぱいで、ため池を感じていました。

出会ったいきものは・・・ヘラブナ、モツゴ、タモロコ、テナガエビ、スジエビ、モクズガニ、ヒメタニシ、シマヒレヨシノボリ、ブルーギル、コサギ、ダイサギ、カイツブリ、カワウ

DSC02242

 

↑写真は、モクズガニ

水辺ネットワークの安井先生から伺ったお話では、明石の水系にメダカがいなくなった。トノサマガエルも今年は一カ所でしか見ていない。今まで普通にいた身近な生き物であるメダカやトノサマガエルがいなくなってるって・・・異常事態だと言われていました。明石の自然は豊かとは言えない、とても深刻な状態にあるのだと再認識しました。

(※この高丘東小学校をはじめとする地域に根ざした環境学習の実践についてまとめた研究論文が、平成24年度兵庫自治学会研究発表で「教育・福祉分科会優秀発表者」に選ばれました。環境教育学分野のみならず、自治学のそれも教育・福祉の分野でも評価していただけている取り組みですので今後も大切にしていきたいと思います。http://www.sangitan.ac.jp/平成24年度兵庫自治学会研究発表大会分科会%20優秀発表者及び特別賞受賞者一覧.pdf)

 

その後は、明石の水路と海岸の現地調査をしました。

平成26年6月にアカウミガメがやってきた明石川の西岸は、大量のごみが打ち上げられていました。

DSC02331

DSC02330DSC02329

こんな状態では、アカウミガメはやってきません。

明石市生物多様性戦略の目指すべき明石の自然のイメージ図には、空にはコウノトリが舞い、海岸にはアカウミガメが描かれています。これでは、とてもそんな未来はきそうもありません。今まさに、明石の海岸はピンチです。でも、ピンチの中に、必ずチャンスの種があるはず・・・みんなで知恵を絞ればよい方法がみつかると思っています。ぜひ、よいアイディアがあればお知らせください。

15時30分からは、第1回明石市自治基本条例市民検証会議を傍聴しました。

平成22年4月に施行された自治基本条例、市の制度がきちんと整備されているかの庁内検証を受けて、さらに市民の皆さんによる丁寧な検証が行われるという会議です。今日は、第1回ということもあり、自治基本条例の大枠についての情報共有、会議の運営方針や検証にあたっての基本的な方向性の確認、今後のスケジュールが主な内容でした。次回(1月の予定)以降は、具体的な検証に入るとのこと、私も自治基本条例を学ぶよい機会でもありますので、この検証会議を注目していきたいと思います。

今日もなが〜い1日・・・まだまだ続きます。