温暖化対策の勉強会

兵庫県議員ネット勉強会に参加しました。

今日は、12月にパリで開催されるCOP21(世界各国の温室効果ガスの排出削減量を決める会議)に先駆けて、地方自治体でどのような取り組みを進める必要があるのか、温室効果ガスの削減に向けて京都市と連携しながら様々な実践をしている「気候ネットワーク」の田浦事務局長にお越しいただいて勉強しました。

DSC03671

実は、田浦事務局長は、同志社大学大学院の同じゼミ(総合政策科学研究科 新川ゼミ)で社会人院生として共に学んだ仲間でもあります。この3月に博士号をとられて一足先に修了された田浦先輩、4月から京都に行く時間もなくほぼ休学状態の私・・・なかなかお会い出来ず、メールや電話でSOSをしてアドバイスをしていただいてきましたが、こうしたカタチで明石でお会いできてうれしいです。

日本は、世界5番目のCO2排出国なのに、高効率という理由から石炭火力発電の建設を推進しているとのこと。現在、48基2349、6万kWが石炭火力発電と聞いて驚きました。これからの地球の未来は、いかに再生可能エネルギーを普及するかにかかっているのですが、温暖化対策が生活の質を高めると考える人の割合は、フランス81%に対して日本はたったの17%。やはり、意識を変える環境教育がまだまだ推進できていないのだと思います。

温暖化対策が進んでいる京都市では、市内の全小学校で「エコライフチャレンジ」という環境教育プログラムを実施しているそうです。 10年間で、6万6千人の子どもたちが学んでいます。この事業は、市の独自財源で、有料ゴミ袋など環境負荷からのお金を使用。成果としては、市のアンケートで、小学校4・5年生が家族で環境に配慮した暮らし方について話をする頻度が高いという結果が出たそうです。近いうちにぜひ、見学に行きたいです。

事業所については、地方自治体レベルでできることとして、KES 環境マネージメントシステム、クレジット制度、BEMS普及コンソーシアム京都の取り組み、大学の調査結果の共有、東京都とのキャップ・アンド・トレードを紹介いただきました。

ただ今、一人勉強中・・・忘れないうちに今日のお話をまとめた報告書を作りながらさらに詳しく調べています・・・KESは、神戸市では各区役所をはじめ、ほとんどの公共施設で取り組んでいることがわかりました。明石の事業所もいくつか名前が挙がっています。太田市では、全ての学校でISOを導入しているようですし、こうした先進事例をしっかり学んで、明石市で取り組めることはなにかをよくよく考えてみたいと思います。

県議員ネットは、県内の市民派議員が共に学ぶ場・・・今日は、学校給食が公会計になっている西宮市や加東市のお話をお聞きすることもできました。先生方の負担を軽くするためにも公会計化は必要ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。