Category Archives: 地域の行事

江井島の海と子どもを守る会・海岸清掃250回目の記念日

今日は、江井島の海と子どもを守る会主催、海岸清掃250回目の記念の日。

平成7年11月~毎月最終日曜日に実施して、21年間休まず続けてこられました。

この活動は、子どもたちが安心して地元の海で遊べるようにとのお母さんたちの思いから始まりました。

その思いが地域に広がり、毎月近隣自治会や子ども会、またまた遠方からも多く参加してくださっています。

これからも、この志を次世代につなぎながら、いつまでも自然豊かな美しい砂浜が守られるように私も精一杯力を注ぎたいと思います。

 

13892146_1094346277323928_7276469527311592341_n9月11日には、ライフセーバーさんに講師をお願いして『海であそぼう!』も開催されます。親子でぜひ参加して身近な海の生き物に出会ってほしいです。

江井島海岸でのラジオ体操がはじまりました!

夏休み第一日目は、地域の皆さんや子どもたちと一緒にラジオ体操から~♪

13754422_1087079208050635_7583426460752864905_n
明石海峡大橋を臨む抜群のロケーション、気持ちのよい朝です!
ラジオ体操は、8月5日まで毎朝6時30分~江井島海岸西江井自治館近くでやっています!

(江井島コミュニティ推進協議会交流部会主催)

13770458_1087079224717300_445622700688093751_n
大人もカードもらいました!毎日がんばらないとですね。

お近くの方は、ぜひ一緒に参加しましょう♪

あかねが丘学園学園祭&ふれあい喫茶「さくら」バザー

楽しみにしていたあかねが丘学園の学園祭

あかねが丘が学園は、私にとって人生の大先輩と一緒に自然体験を通して、たくさんの学びさせていただいた大事な場所です。久しぶりにゆっくりお話もできました。

DSC03485

展示作品も大きなものばかりで迫力がありました。

DSC03502

陶芸作品の販売は、全て一点もの・・・世界に一つだけの作品に心惹かれて、花器、抹茶茶碗、小皿、ランプ・・・と大きな紙袋がいっぱいになりました。さすがに重かったです。

 

12250123_929487843809773_3816708140599776581_n

コープ魚住2階の ふれあい喫茶「さくら」さんもバザー。

ちょうどほしかった白いブラウスが100円・・・あたたかそうな毛糸のスカートも・・・😊

喫茶コーナーに巨大なゆずが・・・その名も「おにゆず」コーヒーフレッシュと比べると、その大きさの違いが一目瞭然ですね。庭の木になっていたとのこと、よく枝が折れないものだと関心したり、この近くに紫式部に縁のある人物のお墓があるらしいと教えていただいたり、楽しいおしゃべりが弾みます・・・こんなおしゃべりの中に明石のまちをよくするヒントがあるんですね。これからもこうした時間を大切にしたいです。

11988478_929487810476443_7092542939678660131_n

水の路をめぐる☆ライムカフェ

寛政池・水の路をめぐるハイキング (江井島コミュニティ推進協議会主催)で、地域の皆さん30名と江井島から2時間ほどかけて寛政池まで歩きました。ランチタイムの後は明石ため池研究会の森本先生にご指導いただき、先人の知恵を体感しながら水の路を辿りました。

12278848_929515347140356_3676708560790179094_n 12278776_929515397140351_7728877669689439696_n 12246723_929515380473686_4340063162945988252_n

水の路を辿りながら、どんぐり笛をつくりました。

12219335_924804684278089_3241765411336897345_n
その後、市民会議「おおくら」さんによる認知症に不安のある方やそのご家族のための居場所『ライムカフェ子午線』の立ち上げに参加させていただきました。明石市内では、地域のボランティアさんによるこのような場づくりは初めてとのこと、素晴らしいです。これからも応援していきたいと思います。

12243446_929515313807026_7236910233766269879_n

保育所&保育園の運動会

涼やかな風の吹く中、明石市立江井島保育所とえいの里保育園の運動会がそれぞれ開催されました。

DSC02345 DSC02348

どちらも昨年度まで自然あそびの講師として伺っていましたので、😊も名前も知っている子どもたちのがんばりをぜ〜んぶ観せていただきたかったのですが、同日・同時刻の開催だったので半分ずつの観戦。ちょっと残念でした。

0歳児から5歳児まで、それぞれの発達段階に応じた楽しいプログラム・・・忍者になったり、ミッキーになっておどったり・・・印象的だったのは、5歳児が小さい子たちのお世話や応援を一生懸命していたことです。0歳から5歳までの縦のつながりも大切にされての保育・・・見ているこちらのほうも心がほっこりあたたかくなりました。

お父さん、お母さんは、おじいちゃん、おばあちゃんがたくさん来られていました。えいの里保育園は門池公園で広々した感じでしたが、江井島保育所は園庭が狭くてゆっくり座って観戦というわけにいかず来賓席で座らせていただいているのが申し訳ない気持ちになりました。これだけ多くのそれも多年代の園児がいるのですから、もう少しひろい園庭で走りまわったり、自然を感じたりさせてあげたいなぁ〜と思いました。

明石市総合教育会議を傍聴

今日は、午後から江井島小学校コミセンでの  ♪うたごえ江井島喫茶♪

DSC02335

丹田式の呼吸法を教えてもらって、身体の内側からリフレッシュ・・・

DSC02336DSC02342

みんなで秋にちなんだ童謡から、リクエストのあったなつかしい歌謡曲まで、歌にまつわる青春時代のちょっぴりほろ苦いエピソードも飛び出して、笑顔溢れるあっという間の1時間でした。

後半に歌ったダ・カーポの「野に咲く花のように」は、今の私の心情と重なり涙がこみあげてきました。それに気づいた回りの友人たち・・・「まるちゃん、がんばれ!」と声をかけてくれました。みんな、ありがとう!がんばる元気と勇気で心がいっぱいになりました。

♪ 野に咲く花のように風に吹かれて 野に咲く花のように人を爽やかにして
そんな風にぼく達も いきてゆけたらすばらしい
時には暗い人生も トンネルぬければ夏の海
そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです

♪ 野に咲く花のように雨にうたれて 野に咲く花のように人を和やかにして
そんな風にぼく達も 生きてゆけたらすばらしい
時にはつらい人生も 雨のちくもりで また晴れる
そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです

いつも野に咲く花でありたいと思います。

そして、ずっと野の花でいられるように、自分を磨いていきたいと思えたステキな時間でした。

その後は、市役所議会棟へ・・・ピュワ〜ンとワープするように運んでくれたHちゃんママ、ありがとう!

午後3時30分〜 第2回 明石市総合教育会議を傍聴しました。

平成26年6月13日、第186回国会において、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律」が成立し、①首長による大綱の策定、②総合教育会議の設置、③教育長と教育委員長を一本化した新たな責任者(新教育長)の設置、④教育委員会のチェック機能の強化、⑤国の関与の見直しなどが盛り込まれ、それに伴い、明石市でも総合教育会議が設置されました。

今日はその2回目の会議で、教育大綱の策定について素案が提示されました。

文科省の説明には、「大綱は、地方公共団体の教育、学術及び文化の振興に関する総合的な施策について、その目標や施策の根本となる方針を定めるものであり、詳細な施策について策定することを求めているものではない。」とあります。

私は、教育分野の研究者のはしくれとして、教育は政治的中立性の確保が何より重要で、その時々の首長によって変化してはならないと考えています。だとすれは、今回示された素案は、これでよいのか? 疑問が残ります。会議でも、委員の先生方からそのような意見がいくつか出ていました。大綱を政策部局が作っていることにも違和感を感じました。これで教育の普遍性が保たれるのでしょうか?私もこのような課題意識から調査研究を進めていきたいと思います。

基本目標の『「ふるさと明石」に愛着と誇りを持ち、未来を担う人づくり』は、大事な大事な大綱の柱です。今ある政策を方針にあてはめるのではなく、この柱を実現するためにはどんな方針が必要なのか、しっかり練って子どもたちのためのよりよい大綱をつくりあげてもらいたいと強く思いました。

※ 改正の詳細は、全国知事会HPがわかりやすいです http://www.nga.gr.jp/data/report/report26/150213.html

夜は、明石の環境教育を考える女子会(笑)かなり深い話をしました。益々がんばらねばなりません。

江井島の海で夏キャンプ*精霊流し*雨水タンク

明石市立少年自然の家で、明石LD(リトル・ドルフィン)を考える会の夏キャンプが始まりました。

今日のテーマは、江井島の海で思いっきり遊ぶ・・・ゆったりした時間の流れの中で、他の大人や子どもたちと少しずつ関わりあいながら、カヤックやたらいの船にも挑戦しました。

「海に入るのは初めて」と言いながら・・・私の手をギュッと握って震えていた○○くん・・・海の水の冷たさや砂の感触を共有しながら一歩ずつ海に入っていくと、だんだん楽しくなってきたみたいで、その後はずっと笑顔で遊んでいました。見ている私も笑顔(^^) 本当に楽しい時間を過ごしました。

かわいいエビのあかちゃんを見つけてくれました。こんなに小さくてもエビです!小さな足を動かして上手に泳いでいて驚きました。

DSC01130DSC01137

子どもたちを少年自然の家に送り届けた後は、江井島さざんか公園で行われている「精霊流し」に伺いました。お盆の精霊流しは、毎年、地元団体の奉仕で行われています。江井島さざんか公園では、西島、東島、西江井,東江井の自治会役員の皆さんが暑い中お世話をしてくださって、ご先祖様をお送りする大切な場となっていました。精霊流しといっっても海に流すことはせずダンボールに詰めて翌日、市が回収するというもの・・・。私自身は、祖父の御霊を海に流してご先祖様に思いを寄せた記憶が鮮明に残ってたので、時代の流れというもののちょっと寂しい気持ちになりました。

DSC01141

回収量も昨年よりかなり少なくなっているとのこと・・・このような風習もだんだんなくなってきて、家庭ゴミで処理するようになってきたのかも?というお話を聞きました。時代の流れだから仕方ないことなのでしょうか?子や孫にこれまで大切にしてきた文化や先祖を思う心、自然に還るという命の循環や畏敬の念を伝えていかなくてもいいのかな?そのための創造的な工夫はできないのかな?といろいろ考えてしまいました。

考えていたら、昨年、徳之島の送り盆に呼んでいただいたときのことをふと思い出しました。食べ物などをお重に詰めて持ち寄って、親族がお墓の前に集まって、まるでピクニックのような感じで車座になり、小さな子どもも大人もみんなで飲んで食べて笑って歌って・・・賑やかに先祖を送っておられました。江井島でも昔は、引き潮の時間に合わせて、家族全員で海に行き、心を込めて精霊流しをしていたそうです。そういった心をつないでいく風習はとても大切ですね。ぜひ残したいと強く思いました。そのための工夫・・・たとえば、すぐに自然に還るゴミにならない素材で、ご先祖さまのお名前だけでも書いて海に流すとか、船は1台だけにするとか・・・みんなのアイディアをお寄せあって大事な風習を未来に残していきたいものです。

DSC01142

地域を自転車で一回りしていたら、雨水タンクを発見!これで、畑の水やりの水はすべてまかなわれているそうです。こんなステキな工夫が広がっていくといいですね。

江井島の夏祭り

江井島夏まつり(主催:江井島コミュニティ推進協議会)、朝から地域の皆さんが力を合わせて、櫓もステージもバッチリ準備できました!マンバワーすごいです!

DSC00989DSC00972

私は、スーパーボールすくいのお手伝い・・・次々に子どもたちが来てくれて大にぎわいでした。

ちょっとだけステージにも上がらせていただきましたので、この夏祭りの合い言葉・・・「イェイ!」でお話をしめました(笑)

漁協さんのタコの旨煮も柔らかくて美味しかったです。1カップ300円はお得でした。

DSC00991

江井ケ島漁協さんが江井ケ島の魚にふれる機会を作ってくださいました。

子どもたちは大喜び・・・えいがいまの名前の由来でもあるエイやサメもいました。

DSC00980

 

大好きな盆踊り・・・久しぶりに踊りました。

DSC01009

多くの地域の方が来てくださり、本当に賑やかな夏祭りになりました。

 

子ども会の夏祭り

今日は、西島ちびっこ広場で『西島・森子ども会夏祭り』が開催されました。雨が心配でしたが、準備の時にほんの少し小雨が降った程度で、そこそこ風もあって涼やかな夏祭りとなりました。

西島子ども会夏祭り

 

私はスーパーボールすくいの景品係とフランクフルトの呼び込み及びケチャップ&マスタードかけ係を担当しました(笑)

子どもたちもたくさんやってきて、楽しそう・・・私も楽しい時間をすごさせていただきました。子ども会の皆さん、本当にお疲れさまでした。

DSC00683

帰宅後は、江井島の海でとれたばかりの明石ダコをわけていただいたので、塩揉みし、夕飯の準備・・・さすが、明石のタコは、甘くて味わい深いです。

DSC00700 DSC00704

夕飯の支度をしていると、市役所から電話が・・・

明石市で『乳児に重傷を負わせたとして父親逮捕』の一報が入りました。一体何があったのでしょうか?本当に心が痛みます。きちんと原因を検証して、このようなことがないように未然に防ぐ手だてはないのか?課題解決型の施策を考えていかなければなりません。

神戸新聞杯

八木グランドで開催されたソフトボール・神戸新聞杯。

午前8時15分から始まった開会式で、来賓挨拶をさせていただきました。

私の持論であるSI(ソーシャル・イノベーション)魂・・・「ピンチはチャンスのたね!」私は、ピンチの時ほど、いっぱい考えて乗り越えることが大切だと思っている、みんなもがんばってほしいとの話に子どもたちは、うんうんと頷いて聞いてくれていました。

そのあと、席に座っていると、何人もの子どもたちが「まるちゃん!」と声をかけにきてくれました。中には「まるちゃん、市議会議員になったんや〜!ぼくらのためにがんばってな〜」との声もあり、うれしいとともに、この子たちの未来のために今を精一杯頑張らなければとの強い思いが湧いてきました。

DSC03063

DSC03066

 

子どもたちの元気で最後まであきらめない姿にこちらも元気をたくさんもらいました。

 

八木グランドの横には、お不動さんの石仏がありました。

DSC03068

 

午後からは、日本鳥学会の実行委員会で、久々に三田の人と自然の博物館へ

今日は、職員入口から〜☆

DSC03071