Category Archives: 明石市

江井島小学校に避難所が開設しました

江井島小学校にも避難所が開設されています。
場所は体育館1階・西側から入ってすぐ左手のお部屋で市の職員が受付をしています。この部屋は福祉避難所にもなっていて、畳敷きで横になっていただくことができます。

もう一つの避難所は図書室です。テレビはないのですが、パソコンで最新情報が見られるようにしてます。本を読んでいただくことも可能とのこと・・・どちらもエアコンがついているお部屋ですので、ゆっくり過ごしていただくことができます。

風雨が強くなってから外に出るのは危険です。不安がありましたら、今のうちに遠慮なく避難所にお越しください。
また、避難したいけど、行けない、足がない方がおられましたら、(080-3860-1487 丸谷)ご連絡ください。

台風21号が接近しています!

非常に強い台風第21号が接近しています。

明石市においても激しい雨が降った場合、がけ崩れや路面の浸水に加えて、川の近くでは水位が急激に上昇するおそれがあります。気象情報、市が発表する避難情報などを確認してくださいね。
どうしてよいかわからない、不安、困った等がありましたら、丸谷(携帯電話:080-3860-1487)まで遠慮なくお電話ください😊

明石市は下記のように市にお問い合わせの窓口を設置しています。皆さんの住まいの自治体にも窓口があると思いますので、事前に調べておかれることをおすすめします😊

【明石市の問い合わせ先】
明石市総務局総合安全対策室
電話 078-918-5069  FAX 078-918-5140
e-mail bousai@city.akashi.lg.jp  

また、明石市では、午前9時から自主避難所を開設しています。
不安を感じたときは、早めの避難をお願いします。

※避難所での寝具や食料は、ご自身でご用意ください。
※夜間や家の周りの道路が冠水しているなど、危険な状態では無理に避難せず、自宅の2階以上など高いところで身の安全を確保してください。

午前9時に開設する避難所
避難所名 住所
明石小学校 山下町12-21
大観小学校 大明石町2丁目8-30
王子小学校 王子1丁目1-1
林小学校      林崎町1丁目8-10
藤江小学校 藤江235
江井島小学校 大久保町西島252
二見小学校 二見東二見454

以下、ご参考にしてください(明石市HPより引用)

【風水害に対する備え】
気象情報で到来時期や規模をあらかじめ把握し、日ごろから万全の準備をしておけば、被害を小さくすることができます。

点検箇所 対策
家の回りの溝 定期的に掃除をして、雑草、ナイロン袋、ボール、土砂などを確実に取り除く。

古くなった塀 棒・スジカイで補強する。

のび過ぎた庭木 家屋に被害を与えないように枝を落とす。
テレビのアンテナ しっかりと固定する。

屋根瓦のずれ・ひび割れ 瓦の下にトタン板などを入れたり、しっくいで固定する。

雨どい 木の葉や土ぼこりなどをきれいに掃除して、雨水を流れやすくする。

ガタガタする雨戸・ガラス戸 補修して窓にあうようにする。

【がけ崩れに対する備え】

点検箇所 対策
水を吸いやすいがけ 長雨のときは、ビニールなどをかけ、雨水の浸透を防ぐ。

不安定な土のかたまり あらかじめ取り除く。

雨水が集まってくる場所 あらかじめ、溝(水路)をつくり、その溝(水路)を掃除しておく。

ヒビの入った擁壁 ヒビを埋めるなど早めに補修をする。

2018年は江井島海岸の初日の出から♪

新年あけましておめでとうございます。
昨年中は、多くの方とのステキな出会いがあり、とても充実した一年を送ることができました。この場をお借りして心より感謝申し上げます。
 
 今年も、地元・江井島海岸の初日の出からはじまりました。黎明の空からパッと明るい太陽が見えたのですが、あまりの美しさに思わず手を合わせ、今年一年、また全力でがんばれますようにとお願いしてしまいました。江井島海岸には、若者たちもたくさん来ていて、とても賑やかな年明けになりました。
 
 私は、毎年その年に、自分が大切にしたい言葉を決めています。昨年は「信頼」でした。こうした立場にならせていただいて、皆さんから信頼していただくことが、なにより大事だと感じたからです。今年は、「志」(こころざし)という一文字に決めました。志をつらぬく、志をつなぐ・・・ということで、次の世代、100年先、200年先に、先人から受け継い自然や歴史や文化をきちんとつないでいくためにも「受け継いで来たもの」の価値や志を見直し、伝えていく一年にしたいと思っています。
 私の志・・・市民の皆さんが「明石に住んでよかった」と思っていただける明石市にするために・・・今年もブレることなく前を向いて進んでいきたいと思います。

市民にやさしい窓口対応へ

高齢者や障害者にやさしい窓口対応の改善について6月議会で質問しました。

その際、内部障害や目に見えない障害をお持ちの方に配慮した対応がいるよね〜と話したら・・・・さっそくこんなプレートが本庁舎窓口数カ所に貼られました。

名称未設定

この表示があれば気軽に声があげられますか?

設置場所はここでいい?

文字の色は?

まだまだ改善することはあると思います。なにか気づかれたこと、こんなふうにしたら?などなど・・・

ぜひ市民のみなさんの声をお聞かせくださいね。

急なお話・・・明日(仮称)明石市東部中学校給食センター予定地の土壌等に関する報告書の説明会開催

「(仮称)明石市東部中学校給食センター予定地の土壌等に関する報告書」説明会が、明日開催されるそうですが、文教厚生常任委員会に所属する私がこのことを知ったのは、今日の午後1時を過ぎてから・・・「市民のみなさんやPTAにはどのようにお知らせしたのですか?」「特には・・・ホームページに載せました・・」「それって周知になっているの?だって明日でしょ、今日気づかないと行けないんですよ」「そんなの知らせたことにはなりませんよ。」

ホームページを見てみたけれど・・・明石市教育委員会>学校教育>中学校給食の取り組み スクロールしてやっとタイトルが出てくる状態、しかも小さな文字。これって気づく人いるのでしょうか?知っている私が検索して探して探してようやくたどりついた情報・・・さすがにはぁ〜っとため息をついてしまった。

「ホームページに載せてます」では、情報公開にはならないですよ。ちゃんと届ける努力が必要です。

気になるので、予定を変更して明日説明会に行ってきます。土壌分析のプロにも同行をお願いしました。

 

以下、ホームページの内容です。ーーーーーーーーーーーー

(仮称)明石市東部中学校給食センター予定地の安全性について、専門家による会議で検討した内容をまとめた報告書が、会議座長から教育長へ提出されました。これを受け、専門家による報告書説明会を以下のとおり開催いたします。

1 日 時  平成27年11月21日(土)13時30分~14時30分
2 場 所  和坂小学校コミセン活動室(明石市和坂2丁目12-1 和坂小内)
3 内 容  「(仮称)明石市東部中学校給食センター予定地の土壌等に関する報告書」について、環境分野の専門家よりご説明いたします。
4 その他 駐車スペースがありませんので、車での来場はご遠慮ください。

http://www.edi.akashi.hyogo.jp/kyoiku/gakkou_kyouiku/jh_kyushoku/tobu-setumeikai.php

明石市まち・ひと・しごと創生本部第2回会議を傍聴

2060年度を見据えた人口ビジョン

2019年度までの5か年の目標や具体的施策をまとめた総合戦略

国のまち・ひと・しごと創生法制定に伴い、明石市もこの二つを作らなければなりません。

7月に予定されていた戦略会議が延期、ようやく9月8日に第1回目が、そして今日が第2回目の会議でした。出席者は、市長、副市長、教育長、各部長と、いつも傍聴している会議とは雰囲気が違います。

積極的に市民の声を聞く場、市民会議などの設置が必要と9月議会でも発言しましたが、今日示されたのは、16名・73件のパブコメの市民意見と長期総合計画推進会議、国土交通省近畿運輸局、神戸運輸管理部、金融機関、神戸新聞社からの意見が少しずつあがっているだけ。市役所インターンシップの学生17名と長総公募の作文10名分と記載されていますが、どんな意見かは書かれていていません。これで、市民の意見を聞いたことになるのでしょうか?

明石のこれからを考える大事な戦略・・・今すでにやっている施策がほとんど、他市の戦略のように「新しい発想!」「これすごい!」と思えるものが見当たらない・・・庁内で横断的なプロジェクトチームでの推進体制も考えるとの意見もあったけど、縦割り行政に横軸を通す、総合的な政策の視点が根づくようなしくみを作らないと一過性のものになるような気がするのですが・・・

 

なが〜い1日 ☆ミ

ペン字の師匠・藤川先生が「ペン字の手本」を出版されました。

先生の美しい文字への思いが詰まった一冊です。最近パソコンで文字を打つことが多くなって、丁寧に文字を書くことから遠ざかっていた私・・・初心に返ってこの本を手本にがんばりたいと思います。

12246691_929427860482438_6256729165725263901_n

午後は、障害者差別解消条例検討会を傍聴。第4回目の今日は、(仮称)明石市障害者に対する配慮を促進し誰もが安心して暮らせるまちづくり条例の素案が示されました。私も当事者、事業者、研究者、行政・・・と、いろんな方のご意見やアドバイスをいただいて研究を続けています。誤解を招かず、当事者の皆さんの思いがカタチになる条例にするためには、市民のみなさんへのわかりやすい情報発信と啓発のしくみづくりが大事だと感じています。

12246727_929427840482440_940640190166565094_n

夜は、市民団体(市民自治あかし)主催の「市民と議員の意見交換会」に出席 18時30分〜21時45分までの長丁場、初めてのことで、一言の重みや責任を考えると思うように言葉が出てこない・・・。今になってこう言えばよかったと一人反省会をしている次第・・・そんな中、流暢な発言をする先輩議員の論理展開には多くの学びがあったし、市民のみなさんの意見は私のこれからの活動の力になるものばかりでした。

でも、議会改革をテーマの意見交換会に出席したのは、30名中たったの6名。これで議会改革が進むのかな〜というのが実感。市民の皆さんのご指摘どおり、やっぱり市議会だよりは議員自らの手で作らなければとの思いを強くしました。これからもこのような機会があれば、堂々とチャレンジできるよう自己研鑽に励んでいきたいと思います。

尊敬している方からの「おつかれさま」のメッセージに癒されながら、なが〜い今日が終わろうとしています。

 

 

あかねが丘学園学園祭&ふれあい喫茶「さくら」バザー

楽しみにしていたあかねが丘学園の学園祭

あかねが丘が学園は、私にとって人生の大先輩と一緒に自然体験を通して、たくさんの学びさせていただいた大事な場所です。久しぶりにゆっくりお話もできました。

DSC03485

展示作品も大きなものばかりで迫力がありました。

DSC03502

陶芸作品の販売は、全て一点もの・・・世界に一つだけの作品に心惹かれて、花器、抹茶茶碗、小皿、ランプ・・・と大きな紙袋がいっぱいになりました。さすがに重かったです。

 

12250123_929487843809773_3816708140599776581_n

コープ魚住2階の ふれあい喫茶「さくら」さんもバザー。

ちょうどほしかった白いブラウスが100円・・・あたたかそうな毛糸のスカートも・・・😊

喫茶コーナーに巨大なゆずが・・・その名も「おにゆず」コーヒーフレッシュと比べると、その大きさの違いが一目瞭然ですね。庭の木になっていたとのこと、よく枝が折れないものだと関心したり、この近くに紫式部に縁のある人物のお墓があるらしいと教えていただいたり、楽しいおしゃべりが弾みます・・・こんなおしゃべりの中に明石のまちをよくするヒントがあるんですね。これからもこうした時間を大切にしたいです。

11988478_929487810476443_7092542939678660131_n

水の路をめぐる☆ライムカフェ

寛政池・水の路をめぐるハイキング (江井島コミュニティ推進協議会主催)で、地域の皆さん30名と江井島から2時間ほどかけて寛政池まで歩きました。ランチタイムの後は明石ため池研究会の森本先生にご指導いただき、先人の知恵を体感しながら水の路を辿りました。

12278848_929515347140356_3676708560790179094_n 12278776_929515397140351_7728877669689439696_n 12246723_929515380473686_4340063162945988252_n

水の路を辿りながら、どんぐり笛をつくりました。

12219335_924804684278089_3241765411336897345_n
その後、市民会議「おおくら」さんによる認知症に不安のある方やそのご家族のための居場所『ライムカフェ子午線』の立ち上げに参加させていただきました。明石市内では、地域のボランティアさんによるこのような場づくりは初めてとのこと、素晴らしいです。これからも応援していきたいと思います。

12243446_929515313807026_7236910233766269879_n

保育所&保育園の運動会

涼やかな風の吹く中、明石市立江井島保育所とえいの里保育園の運動会がそれぞれ開催されました。

DSC02345 DSC02348

どちらも昨年度まで自然あそびの講師として伺っていましたので、😊も名前も知っている子どもたちのがんばりをぜ〜んぶ観せていただきたかったのですが、同日・同時刻の開催だったので半分ずつの観戦。ちょっと残念でした。

0歳児から5歳児まで、それぞれの発達段階に応じた楽しいプログラム・・・忍者になったり、ミッキーになっておどったり・・・印象的だったのは、5歳児が小さい子たちのお世話や応援を一生懸命していたことです。0歳から5歳までの縦のつながりも大切にされての保育・・・見ているこちらのほうも心がほっこりあたたかくなりました。

お父さん、お母さんは、おじいちゃん、おばあちゃんがたくさん来られていました。えいの里保育園は門池公園で広々した感じでしたが、江井島保育所は園庭が狭くてゆっくり座って観戦というわけにいかず来賓席で座らせていただいているのが申し訳ない気持ちになりました。これだけ多くのそれも多年代の園児がいるのですから、もう少しひろい園庭で走りまわったり、自然を感じたりさせてあげたいなぁ〜と思いました。