Category Archives: 明石市

ため池での環境体験学習・水路&海岸調査・自治基本条例市民検証会議

高丘東小学校3年生環境体験学習—ため池に入っての生き物観察をしました。

高丘東小学校では、一年を通して地域のため池を中心に環境学習をしています。

春は、ため池の自然と出会い五感で自然を感じる、9月は、ため池の回りでバッタをとったり、池の回りから魚とりをしたり、自分たちで工夫してため池の生き物に出会いました。

そして、今回は、地域のため池協議会・水利組合の方々のご好意で、農家の方にとって命の水とも言える「ため池の水」を抜いてもらい、子どもたちは直にため池を体感する機会をもらました。この体験は、『ふるさと明石に愛着と誇りを持つ未来の地域の担い手づくり』としての思いを共有してくださる多くの方々のお力をお借りして、8年に亘って毎年継続実施されています。

釜谷池ため池協議会・中の幡水利組合・兵庫水辺ネットワーク・エコウイングあかし・明石のはらくらぶ・PTA・つり愛好クラブ・兵庫県東播磨県民局・加古川流域土地改良事務所・明石市農水産課、環境総務課、水道部とざっと数えても10団体を超えるみなさんのネットワークの上にこのような素晴らしい体験の場が創出されているのです。毎年、明石市水道部がタンクローリーで子どもたちの😊を洗うための水を提供してくれています。今回も泥が目に入った子がいて本当に助かりました。

DSC02192DSC02291

お母さんたちにお手伝いしてもらって、靴が脱げないようにしっかりP縄で縛りました。

DSC02202DSC02229

そして、みんなが見守る中、いよいよ池の中へ・・・ドロドロの中に恐る恐る足を踏み入れたあとは、網で魚をすくったり、目の前を泳ぐ魚やエビをみつけて歓声をあげたり、じゃぶじゃぶ泳いだり、思い思いに身体いっぱいで、ため池を感じていました。

出会ったいきものは・・・ヘラブナ、モツゴ、タモロコ、テナガエビ、スジエビ、モクズガニ、ヒメタニシ、シマヒレヨシノボリ、ブルーギル、コサギ、ダイサギ、カイツブリ、カワウ

DSC02242

 

↑写真は、モクズガニ

水辺ネットワークの安井先生から伺ったお話では、明石の水系にメダカがいなくなった。トノサマガエルも今年は一カ所でしか見ていない。今まで普通にいた身近な生き物であるメダカやトノサマガエルがいなくなってるって・・・異常事態だと言われていました。明石の自然は豊かとは言えない、とても深刻な状態にあるのだと再認識しました。

(※この高丘東小学校をはじめとする地域に根ざした環境学習の実践についてまとめた研究論文が、平成24年度兵庫自治学会研究発表で「教育・福祉分科会優秀発表者」に選ばれました。環境教育学分野のみならず、自治学のそれも教育・福祉の分野でも評価していただけている取り組みですので今後も大切にしていきたいと思います。http://www.sangitan.ac.jp/平成24年度兵庫自治学会研究発表大会分科会%20優秀発表者及び特別賞受賞者一覧.pdf)

 

その後は、明石の水路と海岸の現地調査をしました。

平成26年6月にアカウミガメがやってきた明石川の西岸は、大量のごみが打ち上げられていました。

DSC02331

DSC02330DSC02329

こんな状態では、アカウミガメはやってきません。

明石市生物多様性戦略の目指すべき明石の自然のイメージ図には、空にはコウノトリが舞い、海岸にはアカウミガメが描かれています。これでは、とてもそんな未来はきそうもありません。今まさに、明石の海岸はピンチです。でも、ピンチの中に、必ずチャンスの種があるはず・・・みんなで知恵を絞ればよい方法がみつかると思っています。ぜひ、よいアイディアがあればお知らせください。

15時30分からは、第1回明石市自治基本条例市民検証会議を傍聴しました。

平成22年4月に施行された自治基本条例、市の制度がきちんと整備されているかの庁内検証を受けて、さらに市民の皆さんによる丁寧な検証が行われるという会議です。今日は、第1回ということもあり、自治基本条例の大枠についての情報共有、会議の運営方針や検証にあたっての基本的な方向性の確認、今後のスケジュールが主な内容でした。次回(1月の予定)以降は、具体的な検証に入るとのこと、私も自治基本条例を学ぶよい機会でもありますので、この検証会議を注目していきたいと思います。

今日もなが〜い1日・・・まだまだ続きます。

子どもの貧困を考える

子ども貧困STOPプロジェクトの講演会「子どもの貧困を考える」で法政大学の湯浅誠氏のお話をお聞きしました。

日本の子どもの貧困率は、16.3%・・・つまり、約6人に一人の子どもが貧困にあるということ。

実感としてはもう少し少ない気がしていたのですが・・・それもそのはず、OECD(経済協力開発機構)が決めた尺度で、4人世帯で年収200万円以下の家庭でくらす子どもを相対的貧困というのだそう。さらに、日本の特徴として、就業率は、96.6%・・・つまり、貧困層のほとんどは、働いている。一生懸命働いているけど貧困、ワーキングプアだということに愕然としました。見た目にはなかなかわからないのが、現代の子どもの貧困の一番の課題、だから、声なき声をいかに聞くかが重要になってくる・・・知恵を絞っていろいろな手段を考えることが急がれることを痛感しました。

この子どもたちに必要なことは、想像力(イマジネーション)と実行力と創造力(クリエイティビティ)を身につけることだと湯浅氏の言葉・・・

私が長年取り組んできた環境教育・・・二つのそうぞう力(想像力と創造力)を育む⇒それが生きる力になって⇒先の見えない未来をたくましく生きていく大人になると信じて活動してきました。だから、親の興味関心やお金のあるなしに関わらず、子どもの意志で参加できる「放課後自然たんけん隊」の活動を続けてきたのです。身近な自然や小さな命の存在に気づき、お互いを認め合う自己肯定感を高めて、自信につなげたい、この子たちの未来を輝けるものにしたいと思って、地道に活動してきたことがが、間違いじゃなかったと、勇気をもらいました。

後半は、明石市の取り組みについて、市民相談室の村山課長から説明がありました。

昨年10月からこどもの貧困対策検討チームが設置されているそう・・・また、生活困窮家庭の子どもたちの学習支援事業も実施されているとのこと・・・知らないことがまだまだあるみたい・・・いろいろ調べて実態や成果を把握しなくては・・・

夜は、稲美町へ・・・池田いつ子さん 918票で18人中5位で、堂々の当選。当然とはいえやっぱりうれしい!!同じ無所属・市民派として県議員ネットでお世話になっている大先輩。これからも切磋琢磨してお互いよいものを自分の市に取り入れていけたらと思います。

 

玉岡レポート①〜③

私もインストラクターとして長年、協働、連携してきた「いなみ野ため池ミュージアム協議会」の会長・玉岡かおるさんが、お忙しい中、加古川で開くため池フォーラムの挨拶で市長訪問をされるとお聞きし、楽しみにしていたのですが、知らない間に大変なことが起っていたのですね。

市長応接室で罵詈雑言って?

玉岡さんが、その時の様子をご自身のブログやSNSでは3回にわって詳しく書いておられます。さすが、作家さん、その時の空気まで伝わってくる描写に脱帽です。

ご本人に了解をいただいきましたので、以下のとおり、玉岡かおるさんのSNSでの書き込みをシェアさせていただきます。まずは、お読みください。

2017年9月1日【その①】

先週木曜、やっと義母の三十五日法要。とびだしで、黒い服を白に着替えてバタバタと電車に。
先日来の続きで、「ため池フォーラム」へ首長さんにご出席いただく挨拶回りです。
しかし、出かけた先のA市長とは、見解の相違で、決裂。
A市長 の言、
「そんなしょーもないフォーラム、やっても意味ないやろ。税金の無駄遣いや。行きたくないけど、知事が来るから義理で行くけどな」
耳を疑いました、あまりに礼を失した言葉。
まだ信じられません。
聞いていて、ぶるぶる震えましたよ。
すみませんが未熟者の私、ここでブチ切れました。
「いいえ、 もう来ていただかなくて結構です。義理が生じないように、知事にも来ていただきませんから」
その場で市長室を失礼し、ソッコー、県知事公室に電話を入れて、多忙な知事に無理にスケジュール調整していただかなくてよい旨、連絡しました。
ええ、売られた喧嘩、買いますよ。市長だからって、なんぼのもんじゃい。
義母は気丈な人で、
「女やと思って、なめとったらあかんで」
がキメぜりふでした。
今回はA市までついてきてくれてたのかな。
ま、そういうことでA市長はフォーラムには来てもらいませんが、A市は同じ播磨の地続きのエリア。共同してやっていきたい気持ちは変わりません。
A市にも大人の会話ができる行政マンはいるでしょう。
義理なんかで来るのではなく、私たちと志を同じくする播磨人で、かならず「ため池フォーラム」、”しょーもな”くないものにせねば。
とはいえ、会長として暴走しちゃったことは事実です。
「ため池協議会」のメンバーが、私でなく腰抜けの会長の方がいい、と不信任を出すなら、喜んで引責辞任するまでです。

2017年9月1日【 その② 雨中試合決行・甲子園にて】
A市長が私たちのフォーラムに罵詈雑言を 浴びせる理由は、
① 自分がやりたいと思っているテーマ (アカミミガメ)じゃないから 。
② 人口はA市の方が多いのに、人口の少ないK市で開催するのが不満だから。
とのことです。
何なの? これ、大人が言うこと?
開催地は輪番だっつーの。今回のフォーラムの座長がK市長なんだから自然でしょうが。
それに、ため池の数はK市の方が多いんです。 (つまり、人の数ではA市が多いか知らんけど、カメの数はK市の方が多いんじゃわい。)
「玉岡さん、あなたもね、なーんにもやらない県に担がれて、会長なんかやってないで、本を書きなさいよ」
だって。
大きなお世話です。
こちとら小説は命がけ。ちゃんと秋には新作、出版予定ですよ。
少々の権力を手にした男って、どうしてあんなふうに相手を見下し、女と思ったら大声出したり頭ごなしに凄んだりするの?
あまりの言いように、録音とってくださいと要求しましたが間に合わず、同席していた2名の市職員に一部始終を聞いていたことの確認をとり、証人として名刺をもらうのがせいいっぱい。
「言い過ぎました、撤回します」
とか言ってたけど、人の心を傷つけといて詫びもなく、凶器だけひっこめて、すべて元に戻るんですか?
拳を握って耐えたけど、あかん、私、修行が足りません。
しかし喧嘩を買っちゃったからには負けられない。
しばらくあの手の顔の男の人とカメ見たら、PTSDで、固まるわ。

2017年9月2日【その③】
A市長室を辞す時、市職員のみなさんが、お葬式のようにうなだれ、私と目を合わせることもできずに総立ちでした。心からお気の毒。
市長の非礼は、よくあることなのでしょう。 ( 実際にケツまくったのは私だけかもしれませんが)
怒り心頭とはいえ、面談の時間をいただいた市長、町長には冷静に御礼状を書きました。もちろんA市長にも。( カメの記念切手を貼って。)
それが大人の礼儀ってもんでしょう。
新聞でも取り上げてもらったように、このフォーラムは、地方創生のさきがけとなるプロジェクト。住民と自治体が一体となって地域の財産・ため池への認識を高めようとの意図でした。
それが、足並みがそろわなかったのは無念に尽きます。
しかしあのまま私が侮辱に耐え、市長だからエライんだからとA市長がフォーラムに来てたら、好き放題の暴言でメチャクチャにされていたはず。
だから私は悔いなしです。
私は権力もなく組織もなく、ふるさとが好きというだけの1住民ですが、長年、「ため池協議会」のみなさまが、学校や地域活動を通じて積み重ねてこられた努力が、こんなことで潰されないよう、フォーラムの成功を願うばかりです。
A市長に告ぐ。これで文句あるなら、かかってこいや。

 

以上が、玉岡さんが書かれた文章です。

「A市の職員にも素晴らしい人もいますので来てもらいたい。私も市職員でしたが、この市長は播磨には不要でしょう。ため池の自然的、文化的、歴史的な価値を理解できないのでしょう。播磨は全国一のため池地帯です。ため池は大事ですよ。」

「A市長がどれだけ汗をかいたんでしょうか?どれだけ施策を展開したんでしょうか?どれだけ真剣にため池、農業、農村、地域のことをかんがえたんでしょうか?しかし、A市職員は懸命に地域のことを考えています。ひとことふたことでその人まで悪者扱いになります。」

「失礼すぎて呆れました。たとえテーマがアカミミガメでも、A市は住民不在で、3年より先のことを考えて対策を行っているとは思えないので、他地域より優れたことが言えると思えません。・・・K市では、県民局が住民や市民団体とコラボしてA市よりずっと前から、もっと実のある対応をしています。何よりも地域住民や学校が主体で頑張っていますよ。住民を主体にしないのはアカミミガメ対策に限らず、政策として致命的でしょう。A市の住民に対してもすごく失礼ですね。」

ため池を地域をこよなく愛す、みなさんのコメント・・・市民として恥ずかしい、市議会議員として申し訳ない気持ちでいっぱいです。

明日から9月議会が始まります。このままほってはおけません。

子ども会の夏祭り

今日は、西島ちびっこ広場で『西島・森子ども会夏祭り』が開催されました。雨が心配でしたが、準備の時にほんの少し小雨が降った程度で、そこそこ風もあって涼やかな夏祭りとなりました。

西島子ども会夏祭り

 

私はスーパーボールすくいの景品係とフランクフルトの呼び込み及びケチャップ&マスタードかけ係を担当しました(笑)

子どもたちもたくさんやってきて、楽しそう・・・私も楽しい時間をすごさせていただきました。子ども会の皆さん、本当にお疲れさまでした。

DSC00683

帰宅後は、江井島の海でとれたばかりの明石ダコをわけていただいたので、塩揉みし、夕飯の準備・・・さすが、明石のタコは、甘くて味わい深いです。

DSC00700 DSC00704

夕飯の支度をしていると、市役所から電話が・・・

明石市で『乳児に重傷を負わせたとして父親逮捕』の一報が入りました。一体何があったのでしょうか?本当に心が痛みます。きちんと原因を検証して、このようなことがないように未然に防ぐ手だてはないのか?課題解決型の施策を考えていかなければなりません。

たこ焼きキャンプ!!

今年も福島の子どもを招きたい!明石プロジェクトによる「たこ焼きキャンプ 2015」が始まりました。私は13日間の2日目、26日㈰に「昆虫観察」を担当する機会をいただきました。ダンゴムシやセミのお話をした後、近くの公園へ虫探しにでかけました。いろんな虫が見つかりましたね。「まるちゃん、今度いつ来るの?」「また会いたいな」と言ってくれて・・・会いに行きたい気持ちが募ります・・・あと10日、楽しい思い出をいっぱい作って福島に帰ってほしいです。
詳しくは、たこ焼きキャンプのブログに書いてくださっていますので、ぜひぜひご覧くださいね~(^_-)-☆

http://takocamp.exblog.jp/21977952

 

明石市財政健全化推進協議会を傍聴しました!

今日は、『平成27年度 第1回 明石市財政健全化推進協議会』を傍聴しました。

この協議会の目的は、「明石市が今後見込まれる大幅な収支不足に対応し、将来世代への負担を先送りしない持続可能な財政構造を構築すること」「行政と議会が協力して対等の立場で幅広い観点から総合的に議論していく場」です。

構成メンバーは、市議会副議長、各会派代表者1名(3名以上の会派に限る)、副市長、教育長、政策部長、総務部長、財政部長、財政健全化担当部長。

今年度の課題は、公共施設配置の適正化とのこと・・・私が6月議会で質問した「市民活動の拠点」はこれが決まらないとどうにもならないとの回答でしたから、特に注目していきたいと思っています。

未来の明石を担う子どもたちのための大切な熟議の場・・・大人の責任を果たすため私なりの考えもまとめていきたいと思います。市民のみなさんのご意見もぜひお聞かせくださいね。

 

第1回明石市総合教育会議を傍聴

第1回明石市総合教育会議を傍聴しました。

「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律」が平成27年4月に施行されたことに伴い設置された会議です。教育委員長と教育長を一本化した新「教育長」の設置など・・・子どもたちにとってよりよい教育環境になるよう新しい制度をしっかりみていきたいと思います。

明石市社会教育委員会議を傍聴

午後10時〜 平成27年度第1回明石市社会教育委員会議を傍聴をしました。

明石市では、社会教育法の規定に基づき昭和24年から社会教育委員を設置しています。今回の社会教育委員会議のテーマは、家庭教育の向上にむけた明石市の取り組みについてでした。

傍聴しながら頭に浮かんことは・・・ゆるやかなネットワークづくりと情報の届け方の工夫・・・つなぐスキルをもった人材を育てるしくみの必要性をここでも感じました。