Category Archives: 研修・調査

温暖化対策の勉強会

兵庫県議員ネット勉強会に参加しました。

今日は、12月にパリで開催されるCOP21(世界各国の温室効果ガスの排出削減量を決める会議)に先駆けて、地方自治体でどのような取り組みを進める必要があるのか、温室効果ガスの削減に向けて京都市と連携しながら様々な実践をしている「気候ネットワーク」の田浦事務局長にお越しいただいて勉強しました。

DSC03671

実は、田浦事務局長は、同志社大学大学院の同じゼミ(総合政策科学研究科 新川ゼミ)で社会人院生として共に学んだ仲間でもあります。この3月に博士号をとられて一足先に修了された田浦先輩、4月から京都に行く時間もなくほぼ休学状態の私・・・なかなかお会い出来ず、メールや電話でSOSをしてアドバイスをしていただいてきましたが、こうしたカタチで明石でお会いできてうれしいです。

日本は、世界5番目のCO2排出国なのに、高効率という理由から石炭火力発電の建設を推進しているとのこと。現在、48基2349、6万kWが石炭火力発電と聞いて驚きました。これからの地球の未来は、いかに再生可能エネルギーを普及するかにかかっているのですが、温暖化対策が生活の質を高めると考える人の割合は、フランス81%に対して日本はたったの17%。やはり、意識を変える環境教育がまだまだ推進できていないのだと思います。

温暖化対策が進んでいる京都市では、市内の全小学校で「エコライフチャレンジ」という環境教育プログラムを実施しているそうです。 10年間で、6万6千人の子どもたちが学んでいます。この事業は、市の独自財源で、有料ゴミ袋など環境負荷からのお金を使用。成果としては、市のアンケートで、小学校4・5年生が家族で環境に配慮した暮らし方について話をする頻度が高いという結果が出たそうです。近いうちにぜひ、見学に行きたいです。

事業所については、地方自治体レベルでできることとして、KES 環境マネージメントシステム、クレジット制度、BEMS普及コンソーシアム京都の取り組み、大学の調査結果の共有、東京都とのキャップ・アンド・トレードを紹介いただきました。

ただ今、一人勉強中・・・忘れないうちに今日のお話をまとめた報告書を作りながらさらに詳しく調べています・・・KESは、神戸市では各区役所をはじめ、ほとんどの公共施設で取り組んでいることがわかりました。明石の事業所もいくつか名前が挙がっています。太田市では、全ての学校でISOを導入しているようですし、こうした先進事例をしっかり学んで、明石市で取り組めることはなにかをよくよく考えてみたいと思います。

県議員ネットは、県内の市民派議員が共に学ぶ場・・・今日は、学校給食が公会計になっている西宮市や加東市のお話をお聞きすることもできました。先生方の負担を軽くするためにも公会計化は必要ですね。

 

総合リハビリテーションセンター視察

総合リハビリテーションセンター視察の機会をいただきました。

以前、知り合いのお見舞いに行ったことはありましたが、こんなに多様な取り組みをされているとは知りませんでした。

開設は、昭和44年(1968年)。視察時間2時間でも全部回りきることができないくらい広い敷地の中で、「医学」「社会」「職業」「在宅生活」「研究・研修」と多様な分野のリハビリテーションが展開されていました。

12239674_929455683812989_3814619806521602991_n

リハビリテーション中央病院のロボットリハビリテーションセンター、職業能力開発施設、障害児入所施設「おおそらのいえ」、特別養護老人ホーム「万寿の家」、救護施設「のぞみの家」を案内していただき、障害のある方の社会復帰に向けたプロセスがよくわかりました。福祉のまちづくり研究所の中には、1200点の福祉用具が展示されていて、相談、取り寄せをしてくれるそうです。片足だけリンパ浮腫で普通の靴が履けなくなっている母の靴もここならありそうです。また近いうちに相談に伺おうと思います。

兵庫県の施設で住所は神戸市西区ですが、明石市との境に近く多くの市民の方の利用があるとのこと、このような場所が近くにあるって本当に心強い。もっともっと連携、協力ができるとよいな〜と思います。

近畿市民派議員交流・学習会in泉大津

近畿圏の市民派議員が集まり、学び合い情報交換する学習会に参加してきました。

なんと出席者の半分以上が女性議員・・・

12182386_822830074482410_348527072_n

先輩議員が積み重ねてこられた学習会、今回で第97回目とのこと・・・

DSC_3082

午前中は、前尼崎市女性センター所長で現尼崎市議の須田和さんから「女性活躍推進法と男女共同参画施策」について尼崎の事例を交えてお話をお聞きしました。まずは、男女共同参画条例がなぜできたのか、その過程を知ることが大事だと教えていただきました。明石も先日「女性活躍推進ネットワーク」発足に向けた座談会があり、あかし男女共同参画プラン(きらめきプラン21)の見直しもしなければなりません。今月末に出る予定の国のガイドラインに注目したいです。

午後からは、自治体PPS(泉佐野市の事例)と大阪市の地域包括ケアの現状と課題についてお聞きしました。明石でだったら、どうのように運用できるか、頭の中をいろんなプランがぐるぐる巡ります。

12046845_920857954672762_2816004347136621695_n

南海電車・泉大津駅の改札口を入ったところには、AED搭載自動販売機がありました。これなら、24時間使うことも可能ですよね。明石でもコンビニや自動販売機に設置すると24時間使える・・・新たなヒントをもらいました。

 

 

 

久しぶりの再会・子どもにやさしいまちづくり条例

シチズンシップ共育企画の川中大輔さんと久しぶりの再会・・・

DSC02415

奈良市子どもにやさしいまちづくり条例  制定に向けての検討に際して、子どもたちの意見や思いを取り入れるために開催された「未来をひらく子どもワークショップ」のファシリテーターを担当されたお話に釘付けになりました。公募で集まった奈良市内在住の10歳から17歳の16名の子どもたちとサポーターとして奈良市内に在住又は在学している10名の大学生等(※サポーターは、ワークショップ運営補助等を効果的に行うための必要な知識や技量を身につける養成講座を受講)参加してのワークショップで出た意見、大人顔負けです。この報告書何度も読み返してしまいました。

子どもワークショップ報告書はこちらから→子どもワークショプ報告書

明石市もフィーチャー・セッションしながら、子どもと大人が共に語り合って実際に使える条例ができるといいなと思うこの頃です。

ため池での環境体験学習・水路&海岸調査・自治基本条例市民検証会議

高丘東小学校3年生環境体験学習—ため池に入っての生き物観察をしました。

高丘東小学校では、一年を通して地域のため池を中心に環境学習をしています。

春は、ため池の自然と出会い五感で自然を感じる、9月は、ため池の回りでバッタをとったり、池の回りから魚とりをしたり、自分たちで工夫してため池の生き物に出会いました。

そして、今回は、地域のため池協議会・水利組合の方々のご好意で、農家の方にとって命の水とも言える「ため池の水」を抜いてもらい、子どもたちは直にため池を体感する機会をもらました。この体験は、『ふるさと明石に愛着と誇りを持つ未来の地域の担い手づくり』としての思いを共有してくださる多くの方々のお力をお借りして、8年に亘って毎年継続実施されています。

釜谷池ため池協議会・中の幡水利組合・兵庫水辺ネットワーク・エコウイングあかし・明石のはらくらぶ・PTA・つり愛好クラブ・兵庫県東播磨県民局・加古川流域土地改良事務所・明石市農水産課、環境総務課、水道部とざっと数えても10団体を超えるみなさんのネットワークの上にこのような素晴らしい体験の場が創出されているのです。毎年、明石市水道部がタンクローリーで子どもたちの😊を洗うための水を提供してくれています。今回も泥が目に入った子がいて本当に助かりました。

DSC02192DSC02291

お母さんたちにお手伝いしてもらって、靴が脱げないようにしっかりP縄で縛りました。

DSC02202DSC02229

そして、みんなが見守る中、いよいよ池の中へ・・・ドロドロの中に恐る恐る足を踏み入れたあとは、網で魚をすくったり、目の前を泳ぐ魚やエビをみつけて歓声をあげたり、じゃぶじゃぶ泳いだり、思い思いに身体いっぱいで、ため池を感じていました。

出会ったいきものは・・・ヘラブナ、モツゴ、タモロコ、テナガエビ、スジエビ、モクズガニ、ヒメタニシ、シマヒレヨシノボリ、ブルーギル、コサギ、ダイサギ、カイツブリ、カワウ

DSC02242

 

↑写真は、モクズガニ

水辺ネットワークの安井先生から伺ったお話では、明石の水系にメダカがいなくなった。トノサマガエルも今年は一カ所でしか見ていない。今まで普通にいた身近な生き物であるメダカやトノサマガエルがいなくなってるって・・・異常事態だと言われていました。明石の自然は豊かとは言えない、とても深刻な状態にあるのだと再認識しました。

(※この高丘東小学校をはじめとする地域に根ざした環境学習の実践についてまとめた研究論文が、平成24年度兵庫自治学会研究発表で「教育・福祉分科会優秀発表者」に選ばれました。環境教育学分野のみならず、自治学のそれも教育・福祉の分野でも評価していただけている取り組みですので今後も大切にしていきたいと思います。http://www.sangitan.ac.jp/平成24年度兵庫自治学会研究発表大会分科会%20優秀発表者及び特別賞受賞者一覧.pdf)

 

その後は、明石の水路と海岸の現地調査をしました。

平成26年6月にアカウミガメがやってきた明石川の西岸は、大量のごみが打ち上げられていました。

DSC02331

DSC02330DSC02329

こんな状態では、アカウミガメはやってきません。

明石市生物多様性戦略の目指すべき明石の自然のイメージ図には、空にはコウノトリが舞い、海岸にはアカウミガメが描かれています。これでは、とてもそんな未来はきそうもありません。今まさに、明石の海岸はピンチです。でも、ピンチの中に、必ずチャンスの種があるはず・・・みんなで知恵を絞ればよい方法がみつかると思っています。ぜひ、よいアイディアがあればお知らせください。

15時30分からは、第1回明石市自治基本条例市民検証会議を傍聴しました。

平成22年4月に施行された自治基本条例、市の制度がきちんと整備されているかの庁内検証を受けて、さらに市民の皆さんによる丁寧な検証が行われるという会議です。今日は、第1回ということもあり、自治基本条例の大枠についての情報共有、会議の運営方針や検証にあたっての基本的な方向性の確認、今後のスケジュールが主な内容でした。次回(1月の予定)以降は、具体的な検証に入るとのこと、私も自治基本条例を学ぶよい機会でもありますので、この検証会議を注目していきたいと思います。

今日もなが〜い1日・・・まだまだ続きます。

CCRCのセミナーで偶然の出会い!

今日は、午後からグランフロント大阪で開催されたウェルネス・オープン・セミナーに参加しました。

11745526_10200826580142084_6788866834551388977_n

テーマは、地方創生のエンジンともなりえる「日本版CCRC(継続的なケア付きリタイアメントコミュニティー)」

講師は、三菱総研プラチナ社会研究センターの松田智生さん(私の右隣)です。アクティブシニアを増やすことが成功のカギだとか・・・まさに同志社大学大学院・関根千佳教授(右端)の元でTAとして、この2年間学んできたジェロントロジー(高齢社会学)が注目される時代になったのだと実感・・・私も老後は、野鳥ビレッジを創って、気の合う友人たちとにぎやかにくらしたい気持ちになりました。CCRC・・・明石の地方創生にも取り入れられないかなぁ〜

11063675_10200827169196810_2480744705116112134_n

そして・・・なんと偶然にも、中川暢三・元加西市長との再会、とってもうれしい日となりました。

11750718_10200827156116483_149202934022112927_n

5年前、加西市自治参画課で、多文化共生、男女共同参画、市民活動、まちづくり・・・とやりがいのある多様な仕事を経験をさせていただきました。たった一年でしたが、私のような臨時職員にも「仕事はどうですか?」と声をかけてくださる気さくで優しい市長さんでした。今日も私が市議会議員になったことを「すばらしい!」と喜んでくださいました。今度、議会の傍聴に来てくださるかも・・・がんばる勇気が湧いてきました。

セミナーには、企業の方のみならず、環境系の団体の方も来られていて、まちづくりをキーワードにいろいろな意見交換をすることができました。まだまだ学ぶことは多いですね。

財政の勉強会

今日は、午前中・・・会派会議

午後からは、近畿の新人議員の自主勉強会に参加させてもらいました。

西宮市、吹田市、茨木市など、明石と人口規模の近い自治体の予算書を見比べながら、明石の財政について色々疑問が湧いてきました。まずは、資料集めるところから始めます。

DSC03208

幼稚園の運動会 地方創生の勉強会

今日は、地元・江井島幼稚園の第67回目の運動会が開催されました。

DSC_4625

昨夜の雨のため、30分遅れの開催でしたが、入園して間もない年少さんも元気いっぱい頑張っていました。

GO! GO!ダンゴムシは、ダンゴムシになってマットの上をごそごぞ歩き、落ち葉の中をくぐってお母さんダンゴムシの後ろにかくれるという自然の題材が素敵なストーリーのある競技になっていて関心しました。

DSC_4627

なんと、玉入れにもストーリーが・・・「カエルのお父さん」と「ダンゴムシ」の世界が繰り広げられ、まるでおとぎの国を覗いたような楽しい趣向に感動しました。

いただいたプログラムは、子どもたちが色を塗ってくれていて、それぞれ個性が感じられます。

DSC_4632

ひとつひとつの温かい心遣い、心がぽっかぽかになりました。

PTAのお母さんたちも大活躍でした。本当にお疲れさまでした。

 

午後からは、地方創生に関する勉強会へ

主催は、高砂市議会・・・開かれた議会の一環として市民を交えての勉強会でしたが、会場は人で溢れ熱気がみなぎっていました。

20150606_142930

地方創生の大きな目的は、人口減対策、歯止めを掛けないと2110年に人口は4千万人台、高齢化率も41%になるとの見通し・・・明石市はどんな総合戦略を立てるのだろう??? またまた勉強・調査の日々になりそう・・・