Category Archives: 研究

温暖化対策の勉強会

兵庫県議員ネット勉強会に参加しました。

今日は、12月にパリで開催されるCOP21(世界各国の温室効果ガスの排出削減量を決める会議)に先駆けて、地方自治体でどのような取り組みを進める必要があるのか、温室効果ガスの削減に向けて京都市と連携しながら様々な実践をしている「気候ネットワーク」の田浦事務局長にお越しいただいて勉強しました。

DSC03671

実は、田浦事務局長は、同志社大学大学院の同じゼミ(総合政策科学研究科 新川ゼミ)で社会人院生として共に学んだ仲間でもあります。この3月に博士号をとられて一足先に修了された田浦先輩、4月から京都に行く時間もなくほぼ休学状態の私・・・なかなかお会い出来ず、メールや電話でSOSをしてアドバイスをしていただいてきましたが、こうしたカタチで明石でお会いできてうれしいです。

日本は、世界5番目のCO2排出国なのに、高効率という理由から石炭火力発電の建設を推進しているとのこと。現在、48基2349、6万kWが石炭火力発電と聞いて驚きました。これからの地球の未来は、いかに再生可能エネルギーを普及するかにかかっているのですが、温暖化対策が生活の質を高めると考える人の割合は、フランス81%に対して日本はたったの17%。やはり、意識を変える環境教育がまだまだ推進できていないのだと思います。

温暖化対策が進んでいる京都市では、市内の全小学校で「エコライフチャレンジ」という環境教育プログラムを実施しているそうです。 10年間で、6万6千人の子どもたちが学んでいます。この事業は、市の独自財源で、有料ゴミ袋など環境負荷からのお金を使用。成果としては、市のアンケートで、小学校4・5年生が家族で環境に配慮した暮らし方について話をする頻度が高いという結果が出たそうです。近いうちにぜひ、見学に行きたいです。

事業所については、地方自治体レベルでできることとして、KES 環境マネージメントシステム、クレジット制度、BEMS普及コンソーシアム京都の取り組み、大学の調査結果の共有、東京都とのキャップ・アンド・トレードを紹介いただきました。

ただ今、一人勉強中・・・忘れないうちに今日のお話をまとめた報告書を作りながらさらに詳しく調べています・・・KESは、神戸市では各区役所をはじめ、ほとんどの公共施設で取り組んでいることがわかりました。明石の事業所もいくつか名前が挙がっています。太田市では、全ての学校でISOを導入しているようですし、こうした先進事例をしっかり学んで、明石市で取り組めることはなにかをよくよく考えてみたいと思います。

県議員ネットは、県内の市民派議員が共に学ぶ場・・・今日は、学校給食が公会計になっている西宮市や加東市のお話をお聞きすることもできました。先生方の負担を軽くするためにも公会計化は必要ですね。

 

総政20周年!

京都ブライトンホテルで開かれた同志社大学大学院総合政策科学研究科創立20周年記念パーティーに参加。

ゼミの先生からメールをいただいたので意を決して出席したのですが、淙々たるメンバーが勢揃いで、ちょっと場違いかもとドキドキ・・・。途中から現役博士課程メンバーが来てくれたのでホッとしました😊久々に、実践者としてのソーシャル・イノベーション研究について議論を戦わせることができて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。すごく盛り上がって、このメンバーで質的研究を学んでいこうということになりました。なかなか研究モードになれない今の状況ですが、この視点は必ず議員の仕事の基盤となるものなので、がんばりたいと思います。

そして、なんと・・・総政の大先輩である長岡京市の中小路市長もお見えになっていたので、ご挨拶させていただくことができました。

12279199_929427883815769_791386536749094165_n

本がいっぱい😊

大先輩が、しっかり勉強するようにとたくさんの本を届けてくださいました。

ご自身が勉強するために読まれた本の数々・・・まだまだ学ばなければならないことがいっぱいです。

感謝の思いを込めて謙虚に学びを進めていきます。

12249754_929489693809588_6851541735815399878_n

近畿市民派議員交流・学習会in泉大津

近畿圏の市民派議員が集まり、学び合い情報交換する学習会に参加してきました。

なんと出席者の半分以上が女性議員・・・

12182386_822830074482410_348527072_n

先輩議員が積み重ねてこられた学習会、今回で第97回目とのこと・・・

DSC_3082

午前中は、前尼崎市女性センター所長で現尼崎市議の須田和さんから「女性活躍推進法と男女共同参画施策」について尼崎の事例を交えてお話をお聞きしました。まずは、男女共同参画条例がなぜできたのか、その過程を知ることが大事だと教えていただきました。明石も先日「女性活躍推進ネットワーク」発足に向けた座談会があり、あかし男女共同参画プラン(きらめきプラン21)の見直しもしなければなりません。今月末に出る予定の国のガイドラインに注目したいです。

午後からは、自治体PPS(泉佐野市の事例)と大阪市の地域包括ケアの現状と課題についてお聞きしました。明石でだったら、どうのように運用できるか、頭の中をいろんなプランがぐるぐる巡ります。

12046845_920857954672762_2816004347136621695_n

南海電車・泉大津駅の改札口を入ったところには、AED搭載自動販売機がありました。これなら、24時間使うことも可能ですよね。明石でもコンビニや自動販売機に設置すると24時間使える・・・新たなヒントをもらいました。

 

 

 

阪神・都市ビオトープフォーラムに参加

昨夜から徹夜でまるちゃん通信発送準備・・・徹夜二晩めなので、かなりフラフラ(笑)

午後からは環境学習の打ち合わせで「姫路市自然観察の森」へ  私の身長を超えるなが〜いヘビの皮が展示されていました。森は、ツクツクボウシの大合唱。今年は鳴き出しが例年より少し早いようだと斎藤レンジャーが教えてくれました。自然界では、そろそろ夏も終わりに近づいているようです。

DSC_4624 DSC_4623

夜は、阪神・都市ビオトープフォーラムの会合にゲスト参加させていただいています。会場は、グランフロント大阪のナレッジサロン、ステキな空間に驚いています。♡の椅子は何に使われるのでしょうか?

DSC_4626 DSC_4627

フォーラムでは、まずは、行政職員として「神戸エコアップ塾」を立ち上げた、農都ネットこうべの高畑さんのお話から・・・

今から24年前、1991年に市民から神戸市の奥須磨公園にトンボの棲める池を作ってほしいという市民の声を受けて、まずは行政職員が勉強することからはじめようということになり自然に関心のある神戸市職員が集まって「神戸エコアップ塾」が立ち上がったそうです。かなり感動・・・

阪神・淡路大震災後の大きな活動として、第9回全国トンボ市民サミット神戸大会を開催、「人と自然が共生するまちづくり」〜神戸で農を!〜を大きなテーマにした。そして、トンボサミットの理念を引き継ぎ、1999年『農都ネットこうべ』を立ち上げた。農と都市の相互理解を深める拠点・環境教育水田として、小川・ため池・田んぼという農環境の再現した『田んぼの楽校』の活動を始めたという経緯をお聞きしました。アキアカネが復活するような環境をめざして活動をしていきたいとのことでした。

次は、昨年度まで大阪市教育センターで環境教育を研究されていた谷村先生から、「都市の子どもと自然をつなぐー生物多様性保全を視野にー」をテーマにお話をお聞きしました。

大阪市内のの子どもたちから「草は邪魔者・・・」という声を耳にし、なんとかしたいと思った。学校ビオトープに出会ったことがきっかけで、環境教育に関わるようなられたそうです。今日は、①小・中学生は身近な動植物とどれだけふれあっているか②子どもと自然をつなぐ環境教育の試み等「大都市における小・中学生の動植物に対する体験・認識に関する研究」についてお聞きしました。動植物との直接経験がいかに大切かがよくわかる研究でした。

何よりすごいと思ったのは・・・行政にお金がないことがわかっていたので、科研費をとって研究をまとめられたとのこと・・・思いがあれば、カタチになるんですね・・・こちらも行政職員としての志の高さに頭が下がりました。

その後は、私も加わり、兵庫県の環境体験事業の現状について、明石市の取り組み、自然環境教育という概念についても活発なディスカッションが行われました。研究・実践モード全開、行政における環境教育のあり方について有意義な意見交換をすることができました。

 

 

 

財政の勉強会

今日は、午前中・・・会派会議

午後からは、近畿の新人議員の自主勉強会に参加させてもらいました。

西宮市、吹田市、茨木市など、明石と人口規模の近い自治体の予算書を見比べながら、明石の財政について色々疑問が湧いてきました。まずは、資料集めるところから始めます。

DSC03208

久々の大学院

昨日の夜は、本当に久しぶりに同志社大学・今出川キャンパスへ

新川教授や関根教授、同期の院生たちと久々のディスカッションで、しばらく止まっていた研究的思考?が少しずつ動き出したかんじ・・・恒例の8限目は、ほぼ社会人で深い情報が飛び交い、濃い時間を過ごすことができました。